喫煙

生コラーゲン注入!ラメラエッセンス

喫煙はアンチエイジングの敵?!

 

煙草 アンチエイジング

 

煙草を吸うと老化が早まる、とよく言われていますよね。

 

煙草による老化を「スモーカーズフェイス」という程、喫煙=老けるという認識があります。

 

スモーカーズフェイスの主な特徴は

  • 深い法令線
  • 目のしたのクマの悪化
  • 顔全体のたるみ
  • 上下まぶたのたるみ・色素沈着
  • 頬がやつれ不健康に見える
  • 歯肉が黒ずむ

などが多いでしょう。

 

美肌に欠かせないビタミンCは喫煙をするほどにどんどん減っていくので、

  1. シミ
  2. シワ
  3. くすみ
  4. 肌荒れ

等が治りにくく煙草を吸わない人よりも顔に出やすいといわれています。

 

 

煙草に含まれている有害物質

 

煙草には様々な有害物質が含まれていて、それぞれ肌に悪い影響を及ぼします。

 

ニコチン

 

ニコチンは女性ホルモンを低下させたり酵素不足を招く物質です。

 

肌に摂りこまれることにより

 

肌の潤いやハリ、透明感、血行が失われ、どんどん老化した肌に近づいてしまうでしょう。

 

活性酵素

 

活性酵素は肌が老化する一番の原因だといわれています。

 

活性酵素が体内に蓄積するとコラーゲンやエラスチンを十分に作ることが出来なくなってしまい、皮膚の組織が破壊されて深いシワが出来やすい状態となります。

 

そんな活性酵素を除去するためには、たくさんのビタミンCが必要です。

 

喫煙者はビタミンCの消化量が普通の人よりも多く、シワやシミが出来やすくなったり免疫力が低下してしまうでしょう。

 

タール

 

ヤニとも呼ばれることがある、発がん物質を含んだ成分です。

 

肌の黒ずみを悪化させたり、悪臭や歯の黄ばみを招いてしまうでしょう。

 

老化には直接関係はないかもしれませんが、美容的観点から考えると悪いことばかり起こす成分ですよね。

 

 

煙草と老化は関係ない説

 

煙草は老化を促進させる。というのが通説ですが、最近は煙草と老化は関係ないという人も増えてきました。

 

喫煙者と非喫煙者の顔立ちや肌を比べた実験を見ると、確かに喫煙者の方が老化が早いように感じられます。

 

しかし喫煙者の方が

  • ストレス
  • 夜更かし
  • 不規則な食生活

といった老化しやすい環境で生活をしている人が多いようです。

 

その為喫煙者の方が老化が早いように感じられますが、煙草自体は老化に関係ないのでは?という人も多いのでしょう。

 

煙草を吸う人が肌のために禁煙をしても、禁煙がストレスになり逆に老化が早まってしまう可能性もあります。

 

そのため煙草は確実に老化を促進させるのか、肌のために禁煙したほうがいいのかは、難しいところでしょう。

 

生活習慣を変えることは難しいです。

 

喫煙者の女性が、アンチエイジングのために禁煙を決意することもあるでしょう。

 

しかし、煙草がどうしてもやめられないという人はまずはスキンケアからアンチエイジングをしてみても良いかもしれませんね。

 

煙草を吸うよりも、スキンケアを疎かにする方がよほど老化を進行させてしまいます。

 

人気No.1アンチエイジング美容液!エテルノ