睡眠不足が続くとなぜ肌荒れになるの?

生コラーゲン注入!ラメラエッセンス

睡眠不足が続くとなぜ肌荒れになるの?

 

仕事や勉強、遊びが忙しく睡眠不足が続けている人も多いのではないでしょうか?

 

特に暑い夏は寝苦しく、睡眠時間は十分でも深い眠りが得られず、1日中体がだるい人もいるはずです。

 

 

そんな毎日を過ごしていると、肌荒れやニキビに悩まされるようになります。

 

顔色も悪く肌はガサガサ、ニキビや毛穴の開きも気になると、メイクののりが悪くなり気持ちも滅入ってしまいます。

 

睡眠不足 肌荒れ

 

逆に十分に眠ったと感じた朝は前日の肌とは明らかに違い、色つやがよくしっとりしています。

 

なぜ、一晩でこのようなことが起こるのでしょうか?

 

もちろん、これは自分自身で感じる程度の肌の変化で、ニキビや肌荒れが一晩で治るわけではありません。

 

しかし、触った感じやメイクののりは睡眠で大きく変わってくるのです。

 

 

肌荒れの原因は様々で、食生活の乱れやストレス、ホルモンバランス、生活習慣などが挙げられます。

 

そのなかでも、睡眠不足による肌荒れは誰もが感じたことがあることではないでしょうか?

 

睡眠が十分にとれないと、成長ホルモンの分泌が正常に行われないことが大きな原因です。

 

ですから睡眠がしっかりとれ、十分な成長ホルモンが分泌されていると肌荒れのないきれいな肌を保つことができるのです。

 

 

睡眠不足から肌荒れする理由は成長ホルモン

 

睡眠不足の人は、成長ホルモンを十分に分泌できていないと言われています。

 

なぜなら、成長ホルモンは夜11時から深夜2時までの間に多く分泌されるからです。

 

女性ホルモン 肌荒れ

 

その時間に深い睡眠がとれていないと、成長ホルモンが分泌されず肌荒れや体の不調につながってしまいます。

 

夜遅くまで飲み歩いたり、テレビを観たりパソコンをいじっていると、あっと言う間に遅い時間になっているのではないでしょうか?

 

 

成長ホルモンは、浴びてしまった紫外線からのダメージを修復し、様々な肌トラブルを改善する働きがあります。

 

自ら分泌できる栄養剤や薬のようなもので、それによって1日の疲れやダメージから回復することができるのです。

 

 

睡眠不足が続くと、当然この成長ホルモンの量が足りず、その日に受けたダメージを回復することができません。

 

ダメージを受けたままの肌は様々なトラブルを起こし、肌荒れやニキビ、シミやしわなどの老化にもつながってしまいます。

 

睡眠は長ければ良いのではなく、必要な時間帯に深く眠ることが大切です。人それぞれ必要な睡眠時間は違うので、自分が気持ち良く目覚めることが大切です。

 

 

この睡眠不足からくる肌荒れは、十分な睡眠を得ることが一番大切ですが、それと同時にできるだけ肌を健康な状態に保つために欲しくも必要です。

 

人気No.1アンチエイジング美容液!エテルノ